利用するなら選び方を考えよう!トナーや3Dプリンターを選ぶ方法

はじめに

ラミネーターには、加工の際に熱を利用してフィルムをくっつけるタイプと、糊などがついたフィルムを圧力を使ってくっつけるタイプのものがあります。圧力を利用するラミネーターにはさまざまな種類のラミネートフィルムがあります。よく利用されているマット素材のフィルムとグロス素材のフィルムを比較してみましょう。

ラミネートフィルムの2種類の素材を比較

マット素材

マット素材のフィルムは、少し半透明になった素材のフィルムで、それほどツヤ感を感じないものになります。柔らかい色合いに仕上げることができるフィルムです。光の反射を抑えることもできるので、ライトを使用する展示会などでも活用することができる素材です。UVカット素材もあるので、使用する場所に合わせて種類を選ぶとよいでしょう。

グロス素材

グロス素材のフィルムは、マット素材のものと比べると透明感に優れたものになります。加工するものの色を鮮やかに見せることができ、ステッカーなどにも利用することができます。加工を行うことで耐久性も高めることができるので、屋外で利用する際は屋外用に特化したフィルムを選ぶとよいでしょう。

企業で利用する機器

多くの企業が利用するラミネート機器ですが、その他にも3dプリンターや通常のプリンターも活躍しています。この通常のプリンターを利用する場合は、使用する環境に応じて種類を変えなくてはいけません。写真プリントや、カラフルな図面を使う企業の場合はインクを、文章などを多く利用する場合はトナーを、というように使い分けることができます。しかし、どちらもなくなってしまったり壊れてしまった場合は買い換えなくてはいけません。
トナーカートリッジを買い換える際はどのような種類に変えた方がよいのでしょうか。おすすめのトナーカートリッジを3つ、ランキング形式でご紹介します。

おすすめのトナーカートリッジBEST3

no.1

純正トナー

第1位は「純正トナー」です。純正トナーとは、プリンターのメーカーと同じメーカーのトナーカートリッジのことをいいます。京セラのプリンターを使用している場合は、京セラのトナーカートリッジを選ぶということになります。純正トナーは新品のものになります。
プリンターと同じメーカーのトナーカートリッジを利用することで、購入したのに動かなかったというトラブルを防ぐことができます。

no.2

輸入純正トナー

第2位は「輸入純正トナー」です。海外向けとして日本のトナーメーカーが制作しているトナーカートリッジです。日本より安く購入できるというメリットもありますが、メーカーによっては合わないものがあったりするので購入する際は注意が必要です。日本のメーカーのプリンターやFAX機器でも使うことができるように加工されているトナーカートリッジもあります。

no.3

リサイクルトナー

リサイクルトナーは名前の通りリサイクルされたトナーカートリッジのことをいいます。純正トナーより安く購入できるということで第3位に選ばれました。使用されていたトナーカートリッジの部品などを交換して再販売しているので価格は低いというメリットがありますが、きちんと作動しなかったりする場合もあるので、販売業者を見極める必要があるトナーカートリッジです。

[PR]

カードプリンタを多数販売中
高機能で使いやすい製品を探してみよう リコーの純正トナーを販売中
型番検索が利用できる! コピー機をリースで利用しよう
印刷コストの削減が可能☆

トナーを選ぶ際におすすめのもの

PCとプリンター

通常の加工方法

通常のプリンターの他に、カードプリンタなどいろんなものがあります。カードプリンタとは、IDカードを作るときに使われるものです。今は、社員証が必要な企業も多いですよね。そんな企業にとって便利な機械です。そして、他にも開発や製造を行う企業で活躍している機械には3Dプリンターがあります。試作品をつくる場合にかかっていた時間を大幅に短縮でき、製造する際のコストを抑えることができるというメリットが3Dプリンターにはあります。通常の加工方法には、刃物を利用して素材を加工する方法や圧力をかけて加工する方法、型に液体状の素材を流して加工する方法があります。

3Dプリンターの加工方法

3Dプリンターでは、通常の加工方法とは異なる方法でものを製造していきます。材料を一段ずつ積んでいき形にしていくため、内部まで細かく作ることが可能です。データさえあればどのようなものでもつくることができるというメリットがあります。金属の粉末を利用して形作ることもできますし、樹脂を利用して形作ることもできます。石膏なども利用でき、フィギュアの量産なども行うことができるプリンターです。作る製品によって3Dプリンターの種類が異なるので、制作するものに合わせて機械を選ぶようにしましょう。

[PR]

広告募集中