3dプリンターの活躍事例|さまざまな企業で活躍するトナーや3Dプリンターの選び方

3dプリンターはどのような場で活躍しているのか

3dプリンターの活躍事例

3Dプリンタ

オーダーメイド製品を製作

3dプリンターでは、コンピュータで作成したデータを利用し立体のものをつくることができます。例えば補聴器です。補聴器はとても小さく繊細なつくりになっているので、つくる際にはとても多くの時間が必要でした。作成に1週間ほどかかっていた補聴器ですが、3dプリンターを利用すると約1時間ではつくることができるようになりました。
このように3dプリンターを利用することで、細かい部品や小さなものでも作成することができます。さらに、補聴器を作成する場合は、一人ひとりの耳の形に合わせてつくることもできるので、長時間つけた場合に形が合わず痛くなってしまったり、動いた際に落ちて壊れてしまうなどのトラブルも防ぐことができます。

歯科医療での利用

歯科医療の場でも、3dプリンターは活躍しています。治療の際の歯の状態を再現する模型などにも利用されており、今後は実際に治療に使用する歯の詰め物や、被せ物をつくる際に利用することが計画されています。
その他にも航空機などの部品製造でも3dプリンターは活躍しています。3dプリンターでは、さまざまな材質のものをつくることができるので、使用する部品の材質に合わせてプリンターを選ぶことができます。

最後に

3dプリンターは、つくるもののサイズや形状、材料などによってもコストや時間が異なってきます。そのため、まだまだ量産系のものづくりには対応できていないという部分もあります。しかし、オーダーメイド品をつくる技術にはだいぶ特化してると言えます。商品を使用する方の要望に合わせてつくることができたり、試作品をつくって実際に確かめることができたりなど、さまざまな分野で活躍しているという事実もあります。

広告募集中